【冬休み中ずっと使える!】クリスマス用フラッグガーランドの作り方(ひかりとり紙/トランスパレントペーパー)

季節ものシリーズ

初めての方は「うっとりがみの折り方」もどうぞ
うっとりがみFacebookページはこちら
うっとりがみInstagramはこちら

2014-11-05 14.04.00

手作りクリスマス飾り工作シリーズ第8弾。
以前にご紹介した「文字入りフラッグガーランド」でクリスマスバージョンのフラッグを作ってみましょう。クリスマス用なので、”Merry Christmas!” と作りたいところですが・・・

ご存知の通り、クリスマスはキリスト教のお祝い事ですね。日本では季節の楽しいイベントとして、気軽に「メリー・クリスマス」と言います。ところが、海外ではそうではありません。キリスト教徒でない人はクリスマスのお祝いをしないのです。

そういう事情をよく知らないまま、若かりし頃、アメリカでヒンズー教徒の人に「メリー・クリスマス!」と言ってしまったことがありました。そんな失礼な私に彼らは優しく「私達はクリスマスをお祝いしないの。ごめんなさいね、Happy holidays!」と言ってくれました。

”Happy holidays” という言葉の良い点は、

・宗教にかかわらず使える言葉であること
・クリスマスから新年にかけて使えるお祝いの言葉であること

です。
“Merry Christmas” のフラッグを飾ると、クリスマスを過ぎてしまうと興ざめです。でも、”Happy Holidays” であれば冬休みの間ずっと飾っておくことができますね。それに文字数が1文字だけ少なくて、切り抜きがラク(笑)この冬は”Happy holidays” という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

文字入りフラッグガーランドの作り方はこちら!

The following two tabs change content below.

中村 香代

ブログ「うっとりがみ」運営、ウェブコミュニティ「透かし折り紙研究部うっとりがみ」編集長。透かし折り紙を通して、無我夢中になれる楽しさと、美しいものにうっとりできる幸せをお届けしています。海と山と御用邸の町、神奈川県葉山在住。

関連記事

特集記事

カテゴリー

うっとりがみ折り図KINDLEで配信中

うっとりがみInstagram

TOP
error: Content is protected !!