何個の飾りを作れば、ゴージャスに見える?(ひかりとり紙/トランスパレント)

基礎知識

初めての方は「うっとりがみの折り方」もどうぞ
うっとりがみFacebookページはこちら
うっとりがみInstagramはこちら

IMG_5603

クリスマスに向けて、11月からちょっとずつおりがみサンキャッチャーを作っていくことを先日おすすめしました。

なぜかというと、たくさんの数の飾りがあった方が、見栄えがよく、キラキラな空間が出来上がるからです。

透かし折り紙工作を始めて間もない方にとっては、「たくさん」がどのくらいの数なのか、飾りたい場所にどのくらいの数が必要なのかが分かりづらいと思いますので、今日は数に対する飾る場所のサイズ感をお伝えします。

この画像は吊るしバージョンです。
吊るし方はこちら

IMG_5906

画像で見える数は28個ですが、画面に入ってない分を入れると30個くらいです。

3つ、大きさによっては4つの飾りを糸でつなぎ、10連の飾りを2mの幅の場所に吊るしていてます。

ですから、約20センチ間隔で吊るしていることになりますね。

これくらいの数が天井から吊るしてあると、17、8畳くらいの広さの空間で、かなりゴージャス感あります。

こちらは、先日飾り付けをした、地元のこどもとしょかんの窓。

IMG_5903

窓の幅はちょっと狭めの、だいたい60センチ位。

高さは100センチくらい。

窓枠がありますから、ガラスのサイズはもうちょっと小さいですね。

この写真の場合、大小合わせて26個です。

大きい飾りから貼っていき、小さい飾りを隙間に貼ると、バランスよく見えます。

次は、キッチンの窓。

IMG_4606

サイズは幅85センチ、高さ50センチ(窓枠込み)。

16個です。

16枚モノ、正方形の基本形8枚モノが多いので、数は少なめ。

↓↓次の画像も、同じ窓です。

全部の飾りが写っていないのですが、全部で25、6個。

上の写真より、小さい4枚モノが多いですし、ギュウギュウに貼り付けてあるので、たくさんの数あります。

IMG_1557

以上、飾りの数とサイズ感でした。

これからクリスマスに向けて、お飾りを作る時の参考にしてみてください!!

 

The following two tabs change content below.

中村 香代

うっとりがみ製作総指揮。透かし折り紙を通して、無我夢中になれる楽しさと、美しいものにうっとりできる幸せをお届けしています。

\折り図プレゼント中/
メルマガ会員登録はこちら

関連記事

基本形の折り方

カテゴリー

メルマガ登録で折り図をプレゼント

おうちで遊んだり、

地域のイベントで使えるよ

 

 

折り図には3つの折り方を収録 

 4つのおほしさま1/あさがお/のばら 
(全5ページ 5.1MB)
 


メルマガ登録
(折り図プレゼント)

 

プライバシーポリシーはこちら

【Amazon書籍】「光の折り紙」はこちら

うっとりがみ折り図KINDLEで配信中

Instagramフォローしてね

Facebookに「いいね」してね

うっとりがみ のカバー画像
1,169
うっとりがみ

うっとりがみ

透ける折り紙の部活&講座「うっとりがみ」のページです。オンライン部活「うっとりがみPARTY(透かし折り紙研究部)」の活動や部員さんたちの作品、講座の様子を紹介しています。

4 days ago

うっとりがみ
☕️  リビングやアトリエの彩りに ☕️ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県) で講談社のロケをさせていただいたのですがなんともステキなティールームでした🥰 透ける折り紙はインテリアをあまり選ばなくて、わりとなんでもいけちゃうのがいいですね。写真のように英国の香り漂うアンティークな感じでも、和風な古民家風でもバッチリいけます✨コロナ禍以後、おうちでお仕事をする方も増えたでしょうから、透ける折り紙でホームオフィスをアトリエ風にするのもいいかも!光と色がいっぱいの空間はお仕事もはかどりそう。うーん こんな写真を見ていると、模様替え魂に🔥がつきそうなのは私だけ?作品:講談社「透かしてうっとり 光の折り紙」の作品たち撮影場所:ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県)📣 うっとりがみの講座・研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook

1 week ago

うっとりがみ
🌿 小窓に大物を貼る戦略 🌿 キッチンなどの小窓に大きめの作品を貼ると表面積が大きくなるので、作品数少なくてすみます😆写真の例では窓上段のポンポンマム(ばにら色)、ひまわり(きみどり色)、下段のダリア(ぴんく色)が「大きめ作品」。折り始めの中心線を折り紙の対角線で使うので、7.5センチ角で折ると、できあがりは直径21センチほどに。隙間を普通サイズの作品(直径15センチ前後)で埋めてもヨシ(上段)大きめ作品をワンポイントに貼るだけでもヨシ(下段)「枚数多い作品はめんどくさい!」と思いがちですが、貼る場所を考慮して作品を計画すると、作品数を少なくできて全体的な労力を下げるメリットもあります✨写真は貼っている最中の撮影で、できあがり図ではないのだけど、イメージとしてご参考まで👍撮影:講談社「透かしてうっとり 光の折り紙」より(窓上段)ポンポンマム P48 designed by S.Miyamotoアネモネ・ミストラル P24 by @namekoma55さくら P26 by @sywnyひまわり P34 by Kayo Nakamura(窓下段)ダリア P52 by @sywny撮影場所:ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県)📣 うっとりがみ研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 weeks ago

うっとりがみ
🌸 掲示物へ注目を集めよう 🌸保育園や幼稚園、学校の先生やボランティアさん、「ぜんぜん掲示物を見てもらえない(読まれてない)」なんてことあるかもしれません。せっかく時間をかけて作っても、読まれないなら意味がないですよね。実はすごく大事なことなのですが、「貼ってあるだけでは、誰も読もうと思わない」のです。というわけで、「掲示物がある」ということにまずは気づいてもらうのに、こんなのどうでしょう。窓に貼らないと透けませんが、ちょっと実験してみるのもアリかもです。掲示物が変わったら、作品と色を変えると、気づいてもらいやすくなります。画像は昨年の葉山芸術の掲示物に飾った例。 junkonekoさんが折ってくれました。📣 うっとりがみ研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook
TOP
error: Content is protected !!