おしゃれで外から見えない窓フィルムを使い、テープの貼り跡を気にせずに飾る!

基礎知識

初めての方は「うっとりがみの折り方」もどうぞ
うっとりがみFacebookページはこちら
うっとりがみInstagramはこちら

IMG_4606

窓ガラスに残る貼り跡はもう気にしません!

おりがみサンキャッチャーを窓に飾ってみたものの、剥がすのが大変だったり、テープ跡がべっとり窓に残ってしまったことはないですか?

窓フィルムを使えば、そんなテープ跡など気にせず、思う存分貼り付けることができます。

「フィルム自体の糊がガラスに残らない?」という心配はご無用。

このフィルム、窓に水を霧吹きして、吸着させるだけなのです。

簡単に貼り付いて、剥がれません。

なのに剥がすのはとても簡単♬

今回使ったのはこのフィルム。

通販カタログに掲載されていたこともあるので、ご存知かもしれませんね。

キッチンの窓に貼り付けました。

IMG_4506

なぜ、このフィルムを貼ることにしたかというと、

1.ブログ掲載用のトランスパレントの写真を撮影する時に、窓の格子が気になるから

2.夏は早朝からキッチン窓から直射日光が入り、お弁当を作っている作業台がカンカン照りだから。油ジミや火のことを考えると、カーテンが取り付けにくい位置だし、ブラインドは掃除が大変。

さて、このフィルム、向こう側は全く透けません。

目隠しにもよさそうですね。

あと、トイレや洗面所の窓にもいいかも。

IMG_4511

フィルムは浮き輪のような、ぐっちゃっとすると吸い付くような、貼りつくような素材です。

樹脂のニオイ(浮き輪みたいなニオイ)は若干しますが、合成樹脂のニオイ大嫌いな私でも、まあ許容範囲(個人差はあると思いますが)。

ニオイが部屋中広がるということはありません。

使用したサイズは46×90。

他、92×90があります。

クリスタル柄です(このメーカーからは、他にいろいろな柄が出ているようですよ!)

手順は超簡単です。

1.窓のサイズを測り、必要に応じてカット

2.周りの物を片付け、窓を拭き掃除。
IMG_4512(2)

3.霧吹き
IMG_4514(2)

4.貼る

貼る前に、保護用の薄いフィルムを剥がします。

表裏を間違えないように貼ってくださいね。

ザラザラ面が表、ツルツル面が貼る面ですよ。

裏表さえまちがえなければ、吸い付くように窓にくっつきます。

粘着フィルムだと、ズレた時に貼り直すのが大変ですが、このフィルムはそんな心配いりません。

貼り直す時は、もういちど霧吹きをしておくといいと思いますよ。

レトロガラスっぽい仕上がり!

IMG_4517

空気が残らないように、パン生地を切り分ける・・・なんという名称だか分かりませんが、コレ使って、きれいに仕上げましょう。
IMG_4515

なかなかいい感じだと思いません?
IMG_4533

IMG_4528

あとは思う存分、トランスパレントのお飾りを貼り付けてお楽しみ下さい!

IMG_4606

 

The following two tabs change content below.

中村 香代

ブログ「うっとりがみ」運営、ウェブコミュニティ「透かし折り紙研究部うっとりがみ」編集長。透かし折り紙を通して、無我夢中になれる楽しさと、美しいものにうっとりできる幸せをお届けしています。海と山と御用邸の町、神奈川県葉山在住。

関連記事

特集記事

カテゴリー

うっとりがみ折り図KINDLEで配信中

うっとりがみInstagram

TOP
error: Content is protected !!