うっとりがみ新折り図「星と雪」が完成しました!

新商品・制作事例・メディア掲載

 

オンライン部活「うっとりがみ透かし折り紙研究部」から新折り図「星と雪」が10月1日に発売されました!

私を含め、9名のメンバーの作品が掲載されていますよ。

たなか ひろみ

せっちゃん

ほった かおり

タマキ

ダテ ミドリ

RIE(右上)/ 三日月(左下)

みちちゃん

かよ(私)

 

冊子のデザインは前作4冊につづき、はるかさん。さらに美しく見やすくなりました。

読者さんからは「絵本のようです」「宝物です」など、嬉しいメッセージをいただきました(^o^)

今回の折り図が前作と違うところは、透かし折り紙研究部のメンバーを巻き込んだこと。

北海道から大阪や京都まで、みんな住んでいる場所はバラバラです。でも、今はスマホひとつあれば、こんなプロジェクトもサクっとできちゃうんですよね。素晴らしい時代になりました〜

透かし折り紙研究部「折り図制作委員会」のページ

 

私ひとりで作るのとは違い、みんなで作ると楽しい♡ みんなをまとめて行く必要があるので、ひとりでやるのとは違ったスキルも求められましたが・・・ひとりでやっているよりずっといいですね〜(← ひとりでやるのは大嫌い)。

わいわいやりながらできるのが何よりいい。それに、忍耐強さをもとめられる作業(特に校正)はみんなが励ましてくれたから乗り切れた。だって、今回はいつもの倍以上の作品数だから、そりゃもう修正の量が半端なくて、ホント、最後の方は集中力が底を尽きる寸前だったんですよ(^o^;

みんな、ありがとう♡

これ↓ページ割り。ページを組むの、めちゃめちゃ苦労した!(←どうしても言いたい笑)

どうやったら、自然に流れ良くつなげられるか。工程数や作品の雰囲気、難易度その他いろいろなものを組み合わせながら考えていきました。読者さんたちが迷わないようにするにはどうすればいいのかな・・・って。

ホント、折り図を作るのって、超絶メンドクサイ。作業が鬼のように細かくて、時々、「なんで、私はこんなことしてるん?」と思うときもある。そんなでも、「楽しい作品を読者さんに届けてうっとりしてほしいなあ」という気持ちがあるからできるんです。

みんな待ってる!絶対完成させる!

ホント、これだけが原動力。これなかったら、もうメンドクさすぎて、ほったらかしにすること間違いないもの。

ご注文の250名さんへお手紙書いたよ

 

だから、ホント、待っていてくれる人のおかげ。

だから、ご注文いただいた250人の読者さんに一言だけだけど、メッセージを手書きしました。メルマガ送れば5分で済むんだけどね。こんなときくらいしかお礼を直接伝えられないしなあ、と思って。3日かかりましたが、楽しい時間でした。

みなさま、ありがとうございますm(_ _)m

初版が入荷してきたときの様子

 

尚、今回の冊子は読者さん限定で発売しました。若干数、クラサワさんの店舗(ネットでも扱うのかな??)でゲットすることが可能です。

 

一般販売については電子書籍化の予定ですが、もう少々お待たせします。きっと、そのうちブログやSNSでお知らせします。

あ、そうそう。表紙に「VOL1」って書いてある件。「続きがあるの・・・?」って研究部のメンバーが気づきたみたいですが。

何年か先に気が向いたらやるかもしれないし、やらないかもしれない(笑)

4冊の冊子を作ったときも、燃え尽きて、「こんなの二度とやるか!」と思ったのだけど、5冊目もやっちゃいましたからね(笑)

どうなるか分かりませんが、期待しないで待ってて〜

「うっとりがみ透かし折り紙研究部」バンザイ🙌

みんなありがとう!

 

さて、休んでいる間もなく、私たち「うっとりがみ透かし折り紙研究部」は・・・

もうすでに次のプロジェクトに向けてお祭り騒ぎになっております!

お知らせできるのはだいぶ先ですけど、こちらはもう決まりなので、期待して待っててくださいね♡

 

 

The following two tabs change content below.

中村 香代

ブログ「うっとりがみ」運営、ウェブコミュニティ「透かし折り紙研究部うっとりがみ」編集長。透かし折り紙を通して、無我夢中になれる楽しさと、美しいものにうっとりできる幸せをお届けしています。海と山と御用邸の町、神奈川県葉山在住。

関連記事

特集記事

カテゴリー

うっとりがみ折り図KINDLEで配信中

うっとりがみInstagram

TOP
error: Content is protected !!