【ひな祭り・卒業・入学に】サクラx吊るし雛風の飾りつけ(ひかりとり紙/トランスパレントペーパー)

季節ものシリーズ

初めての方は「うっとりがみの折り方」もどうぞ
うっとりがみFacebookページはこちら
うっとりがみInstagramはこちら

2018年2月23日公開

ひかりとり紙で折ったサクラを吊るし雛風に飾りつけしてみました!

吊るし雛って何?(Wikipediaへ)

くもりの日でもこんなに透けるひかりとり紙!

でも、やっぱり晴れた日はもっとキラキラ♡

 

飾りを動画で見る(1分30秒)↓ 

もう何年も前からやりたいと思っていたことです。このたび、折り師さんの制作協力のおかげでようやく実現しました♪

製作協力:うっとりがみ折り師 まやさん、はなほさん、minaさん

飾りつけの工程を記録しておきますので、ご参考にどうぞ♡

● 所要時間 1時間半~2時間くらい

● かざりつけに使ったもの

1)おりがみサンキャッチャー 56個(14個x4列)

2)吊るし雛用の笠

竹製の笠で紅白のリボンが巻かれています。長男はこれを「ウソ発見器か?」と言っていました(^^) 頭に被りたくなるよね。

。伊豆のお土産屋さんでゲットしたもの。

3)天井から笠を吊るす紐

 

4)裁縫セット(糸・針・糸切はさみ)

 

サクラの吊るし雛風かざりの作り方

1.まずは飾る予定の場所の寸法を確認。

14個つないで笠の真下からだいたい2mでした。飾りと飾りの隙間は2~3センチ(形により若干違う。それにより糸の長さは2~4センチ程度)、床から6㎝のスレスレまでつなげています。

2.飾りを床に並べ、配置決め。

 

3.糸と針でつなぐ

つなぎ方はこちら

だいたい1列14個つなぐのに、のんびりやって15分程度でした。ご参考までに。

4.笠に紐を取り付けて吊るす。

設置した場所は梁。ピンで刺しました。

紐はプレゼント用ビニールリボンの白を使いました。丈夫なので。2重にしてます。

 

5.飾りを笠に結んで出来上がり!

場所によっては背が届かないでしょうから、台に乗るときは落っこちないように気を付けてね。

 

ダウンロード折り図「さくらまつり」はこちらから購入できます。

 

 

↓ (クレジットカード、Paypal、楽天ペイ、コンビニ支払)

↓ (銀行振込、キャリア決済)

The following two tabs change content below.

中村 香代

ブログ「うっとりがみ」運営、ウェブコミュニティ「透かし折り紙研究部うっとりがみ」編集長。透かし折り紙を通して、無我夢中になれる楽しさと、美しいものにうっとりできる幸せをお届けしています。海と山と御用邸の町、神奈川県葉山在住。

関連記事

特集記事

カテゴリー

うっとりがみ折り図KINDLEで配信中

うっとりがみInstagram

TOP
error: Content is protected !!