【JUNKO】高齢の母と私の透かし折り紙の楽しみ方(立春編) (ひかりとり紙・トランスパレント・グラシン紙)

オンライン部活★部員投稿

うっとりがみ透かし折り紙研究部のJUNKOさん投稿です。
JUNKOさんはお母さまと透かし折り紙を楽しんでいます。

その楽しみ方がお母さまにとても寄り添ったものなので、あなたにもお伝えしたいと思いました。

JUNKOさんはときどきお母さまのおうちへいって、障子のあるお部屋に折った作品を飾ります。
その飾り方がお母さまとのコラボなんです(^^)

折った作品には100均のカーテンクリップでとめて、障子の桟にひっかけるという、JUNKOさん発案の超お手軽な飾り方。

そして、障子2面のうち、片側をお母さまがその日の気分に合わせて自由に作品の飾り方をアレンジします。

もう1面はJUNKOさんの飾り担当エリアで、季節のかざり(クリスマスとかお正月)にしばらくの期間、固定で飾っておきます。

JUNKOさんがこの飾り方を始めてから、お母さまは寝室のベッドから起き上がり、毎日障子のお部屋まで行くようになったそうです。そして、腕を伸ばして身体を動かしながら、その日の気分に合わせて作品や色を自由にアレンジするんですって。

JUNKOさんとお母さまのコラボですね。
JUNKOさんは「今まではお世話に行っている、という意識でしたが、母と一緒に楽しむという考えに変わりました」とお話してくれました。

ステキです♥

そんなJUNKOさんから、立春の記録が届きましたので、シェアします。

====

今日は立春
母(ひとり暮らし・高齢)の家の透かし折り紙の飾りは新春Ver.のまま。
立春を迎えたことでもあるし、立春Ver.に少しだけ、ほんの少しだけ変えてみることにしました。
といっても、新しく飾りを作っていないんです。どうしよう…………

ということで、画像↓のように新春Ver.から立春Ver.に変え、このまましばらく固定。

・・・のつもりでいたのですが、母のその日の気分エリアが画像↓の左側のような飾り方になったので、それに合わせて私の立春Ver.を上の画像↑から下の画像右側↓のように変えました。
(未だに母用の飾りを増やしていないので、母も手持ちの中から選ぶしかなくて。私がさぼっていてごめんなさい。)

障子画像(2枚目) 右側・立春Ver.(私の担当エリア)

左側・母のその日の気分エリア(母が自分で飾ります)

母の家では北側の部屋ではあるけれど、この窓際の障子が憩いの場所になりつつあります。

JUNKO
===
お母さまは眩しい光が苦手でいらっしゃるので、透かし折り紙の王道な「直射日光」を利用した飾りは難しい。
そこでJUNKOさんが考えたのが、北側でおひさま入らないけれど、ほんのり透ける障子のお部屋でした。
お母さまに楽しんでもらうためにどうすればいいか、そんなJUNKOさんの寄り添いの気持ちが新しい発想につながっているようです!

JUNKOさんの障子クリスマス作品は、うっとりがみクリスマス講座2022でご紹介しております。よかったら、見てね!

The following two tabs change content below.

中村 香代

うっとりがみ製作総指揮。透かし折り紙を通して、無我夢中になれる楽しさと、美しいものにうっとりできる幸せをお届けしています。

\折り図プレゼント中/
メルマガ会員登録はこちら

関連記事

基本形の折り方

カテゴリー

メルマガ登録で折り図をプレゼント

おうちで遊んだり、

地域のイベントで使えるよ

 

 

折り図には3つの折り方を収録 

 4つのおほしさま1/あさがお/のばら 
(全5ページ 5.1MB)
 


メルマガ登録
(折り図プレゼント)

 

プライバシーポリシーはこちら

【Amazon書籍】「光の折り紙」はこちら

うっとりがみ折り図KINDLEで配信中

Instagramフォローしてね

Facebookに「いいね」してね

うっとりがみ のカバー画像
1,169
うっとりがみ

うっとりがみ

透ける折り紙の部活&講座「うっとりがみ」のページです。オンライン部活「うっとりがみPARTY(透かし折り紙研究部)」の活動や部員さんたちの作品、講座の様子を紹介しています。

2 days ago

うっとりがみ
☕️  リビングやアトリエの彩りに ☕️ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県) で講談社のロケをさせていただいたのですがなんともステキなティールームでした🥰 透ける折り紙はインテリアをあまり選ばなくて、わりとなんでもいけちゃうのがいいですね。写真のように英国の香り漂うアンティークな感じでも、和風な古民家風でもバッチリいけます✨コロナ禍以後、おうちでお仕事をする方も増えたでしょうから、透ける折り紙でホームオフィスをアトリエ風にするのもいいかも!光と色がいっぱいの空間はお仕事もはかどりそう。うーん こんな写真を見ていると、模様替え魂に🔥がつきそうなのは私だけ?作品:講談社「透かしてうっとり 光の折り紙」の作品たち撮影場所:ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県)📣 うっとりがみの講座・研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook

6 days ago

うっとりがみ
🌿 小窓に大物を貼る戦略 🌿 キッチンなどの小窓に大きめの作品を貼ると表面積が大きくなるので、作品数少なくてすみます😆写真の例では窓上段のポンポンマム(ばにら色)、ひまわり(きみどり色)、下段のダリア(ぴんく色)が「大きめ作品」。折り始めの中心線を折り紙の対角線で使うので、7.5センチ角で折ると、できあがりは直径21センチほどに。隙間を普通サイズの作品(直径15センチ前後)で埋めてもヨシ(上段)大きめ作品をワンポイントに貼るだけでもヨシ(下段)「枚数多い作品はめんどくさい!」と思いがちですが、貼る場所を考慮して作品を計画すると、作品数を少なくできて全体的な労力を下げるメリットもあります✨写真は貼っている最中の撮影で、できあがり図ではないのだけど、イメージとしてご参考まで👍撮影:講談社「透かしてうっとり 光の折り紙」より(窓上段)ポンポンマム P48 designed by S.Miyamotoアネモネ・ミストラル P24 by @namekoma55さくら P26 by @sywnyひまわり P34 by Kayo Nakamura(窓下段)ダリア P52 by @sywny撮影場所:ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県)📣 うっとりがみ研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 weeks ago

うっとりがみ
🌸 掲示物へ注目を集めよう 🌸保育園や幼稚園、学校の先生やボランティアさん、「ぜんぜん掲示物を見てもらえない(読まれてない)」なんてことあるかもしれません。せっかく時間をかけて作っても、読まれないなら意味がないですよね。実はすごく大事なことなのですが、「貼ってあるだけでは、誰も読もうと思わない」のです。というわけで、「掲示物がある」ということにまずは気づいてもらうのに、こんなのどうでしょう。窓に貼らないと透けませんが、ちょっと実験してみるのもアリかもです。掲示物が変わったら、作品と色を変えると、気づいてもらいやすくなります。画像は昨年の葉山芸術の掲示物に飾った例。 junkonekoさんが折ってくれました。📣 うっとりがみ研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook
TOP
error: Content is protected !!