【動画つき】100均アイテムx2(もしくは3)で、クリスマスリースを作ってみました

季節ものシリーズ

今年、クリスマスの製作は折り師さんからたくさんアイデアを出していただきました。

その中のひとつが「リース」。折り師minaさんのアイデアです。

サイズ感:8角形リース(幅約27センチ)に2つの飾り

★7.5センチ角のひかりとり紙で作ったポインセチア(右)

★15センチ角9分の1カットのひかりとり紙で作ったハイビスカス(の最後を折り込んでないもの)(左)

が、ちょうどよく収まるサイズ感。

 

いるもの5つ

1)糸をつけた飾り2つ

作った飾りは長めに(適当)に糸をつけておきます。

糸のつけ方はこちら(手順1を参考にしてね)

★7.5センチ角の飾り1つ

★作品例は9分の1カットの飾り1つ。9分の1カットが面倒なら、7.5センチ角2枚でできるハートでもいいかもしれません。

ハートの折り方はこちら

2)木製スティック(100均アイテムその1)

ホームランアイス(笑)の棒みたいです。マドラーなのかもしれません。100均ダイソーのストロー等が売っている近くに置いてありました。1本11.5センチ。幅は4.5ミリくらい。

 

3)葉っぱのガーランド(100均アイテムその2)※これはなくてもOK

園芸コーナーにあったガーランド。これは3メートルあります。

ガーランドなしでシンプルに仕上げてもいいですよ。

 

 

4)木工用ボンド(100均アイテム3)

いわゆるフツーの木工用ボンド。コニシの。

5)リースを吊るすひも

毛糸とかリボンとか、お気に入りのものでどうぞ。これもなければ100均で買えますね。

作品例は引き揃え糸というものを使っています。色々な毛糸やら糸が5本くらい束になっていて、かわいい。手芸屋さんでも買えるみたいだし、メルカリなどで作家さんがオリジナルのものを販売しているみたいです(折り師minaさん情報)。

 

作り方

飾りは出来上がっているものとして進めます。

1)リース台を作る

動画で見ましょう。

ポイントは3つ

① 適当に8角形につないで、木工用ボンドが固まる前に成形すればよし(20分くらいで固まる)

② カッターマットの線を使うと成形しやすい

③ 多少歪んでもガーランドを巻けばごまかせる(笑)

 

2)ガーランドを巻く(なしでもOK)

出来上がったリース台にガーランドをぐるぐる巻きにします。8角形のリース台に3mのガーランドだと2周とちょっと。少し木製スティックが見えるくらいに隙間をあけるとかわいいです。

リース台こわさないように!

3)飾りをリースから吊り下げる

葉っぱのガーランドに結んでもいいし、リース台に結んでもいいし。やりやすいようにどうぞ。お好きな位置に吊るせるように調整してね。

ちなみに、こちらはガーランドなしの時のしまつ。長めにつけておいた糸をリース台にぐるぐる巻いて、テキトーにテープで貼る!(すみません、いつもテキトーで・・・(;’∀’))

ガーランドなしの時、このぐるぐる巻きの結び目がきになるというなら、隠すように上からリボンや毛糸を巻いてみてね。

4)最後に吊るしひもをつけて・・・できあがり!

 

アレンジを楽しもう

8角形でなくてもいいですよ。6角形(7.5センチ角モチーフ1個入ります)でもよし。他に四角や三角もあり。ついでに星型も。いくつかつないでみるのもいいですよ~

※6角形/7.5センチ角のかざり1つ

 

※正方形 7.5センチ角4分の1カットの飾り1つ

※2つつないでみました!

Have fun!!

\折り図プレゼント中/
メルマガ会員登録はこちら

関連記事

基本形の折り方

カテゴリー

メルマガ登録で折り図をプレゼント

おうちで遊んだり、

地域のイベントで使えるよ

 

 

折り図には3つの折り方を収録 

 4つのおほしさま1/あさがお/のばら 
(全5ページ 5.1MB)
 


メルマガ登録
(折り図プレゼント)

 

プライバシーポリシーはこちら

【Amazon書籍】「光の折り紙」はこちら

うっとりがみ折り図KINDLEで配信中

Instagramフォローしてね

Facebookに「いいね」してね

うっとりがみ のカバー画像
1,169
うっとりがみ

うっとりがみ

透ける折り紙の部活&講座「うっとりがみ」のページです。オンライン部活「うっとりがみPARTY(透かし折り紙研究部)」の活動や部員さんたちの作品、講座の様子を紹介しています。

5 days ago

うっとりがみ
☕️  リビングやアトリエの彩りに ☕️ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県) で講談社のロケをさせていただいたのですがなんともステキなティールームでした🥰 透ける折り紙はインテリアをあまり選ばなくて、わりとなんでもいけちゃうのがいいですね。写真のように英国の香り漂うアンティークな感じでも、和風な古民家風でもバッチリいけます✨コロナ禍以後、おうちでお仕事をする方も増えたでしょうから、透ける折り紙でホームオフィスをアトリエ風にするのもいいかも!光と色がいっぱいの空間はお仕事もはかどりそう。うーん こんな写真を見ていると、模様替え魂に🔥がつきそうなのは私だけ?作品:講談社「透かしてうっとり 光の折り紙」の作品たち撮影場所:ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県)📣 うっとりがみの講座・研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook

1 week ago

うっとりがみ
🌿 小窓に大物を貼る戦略 🌿 キッチンなどの小窓に大きめの作品を貼ると表面積が大きくなるので、作品数少なくてすみます😆写真の例では窓上段のポンポンマム(ばにら色)、ひまわり(きみどり色)、下段のダリア(ぴんく色)が「大きめ作品」。折り始めの中心線を折り紙の対角線で使うので、7.5センチ角で折ると、できあがりは直径21センチほどに。隙間を普通サイズの作品(直径15センチ前後)で埋めてもヨシ(上段)大きめ作品をワンポイントに貼るだけでもヨシ(下段)「枚数多い作品はめんどくさい!」と思いがちですが、貼る場所を考慮して作品を計画すると、作品数を少なくできて全体的な労力を下げるメリットもあります✨写真は貼っている最中の撮影で、できあがり図ではないのだけど、イメージとしてご参考まで👍撮影:講談社「透かしてうっとり 光の折り紙」より(窓上段)ポンポンマム P48 designed by S.Miyamotoアネモネ・ミストラル P24 by @namekoma55さくら P26 by @sywnyひまわり P34 by Kayo Nakamura(窓下段)ダリア P52 by @sywny撮影場所:ガーデンカフェ・グリーンローズ様(埼玉県)📣 うっとりがみ研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook

2 weeks ago

うっとりがみ
🌸 掲示物へ注目を集めよう 🌸保育園や幼稚園、学校の先生やボランティアさん、「ぜんぜん掲示物を見てもらえない(読まれてない)」なんてことあるかもしれません。せっかく時間をかけて作っても、読まれないなら意味がないですよね。実はすごく大事なことなのですが、「貼ってあるだけでは、誰も読もうと思わない」のです。というわけで、「掲示物がある」ということにまずは気づいてもらうのに、こんなのどうでしょう。窓に貼らないと透けませんが、ちょっと実験してみるのもアリかもです。掲示物が変わったら、作品と色を変えると、気づいてもらいやすくなります。画像は昨年の葉山芸術の掲示物に飾った例。 junkonekoさんが折ってくれました。📣 うっとりがみ研究部はメルマガ読者さんだけのご案内です。ご興味ある方はプロフィールのURLからメルマガ登録をしてお待ち下さい(icloudメール、hotmailは壊滅的に届きませんので、他のアドレスでお願いします)bibibazz.com/p/r/RhqtbiRJ ... See MoreSee Less
View on Facebook
TOP
error: Content is protected !!