全国のうっとりがみ仲間とつながって毎日ワクワクしたい方へ

オンラインコミュニティ「うっとりがみ透かし折り紙研究部」第3期部員募集開始します

部費月額1000円のところ、30日間無料でお試しいただけますが・・・
10名限定ですので、お急ぎください。

 

こんにちは。
うっとりがみの中村香代です。

お待たせしました!

今年5月から正式にスタートした「うっとりがみ透かし折り紙研究部」の第3期募集を開始します。お待ちいただいていた方、ありがとうございます。

メルマガでちょいちょい研究部の様子やメンバーブログをシェアしていたので、何をしているのか気になっていた・・・という方。ぜひ、続きを読んでみて下さい。

まずは、研究部メンバーからのご感想が届いていますので、一部を紹介します。

透かし折り紙研究部・部員の声

♥ 京都府 タマキさん

私は入る時すごく迷いました。迷って最初の時(1回目の募集)は辞めてしまいました。時々メルマガで研究部の報告などをみていて、楽しそうだな、と思って2回目の募集の時に入りました。

パソコンも得意でないし、携帯も持っていないし、登録する時はドキドキものですごく疲れてしまいましたが、最後までできたのでほっとしました。

もともと人見知りの内弁慶なので、知らない人とうまくやっていけるか不安でしたが、皆さんがこの透かしおりが大好きで、色んな折り方や表現の仕方や他の折り紙の世界やもう、それは色んなことが知れて今まで一人で折っていたので、色んな人と紙を折ることを共有できることがこんなにも楽しくて幸せなことだとは思いませんでした。

今ではどこが人見知りなんだ、というくらいです。色んなことに勇気が持てるようになりました。

そして透かし折り(すべてのことに言えると思うのですが)は同じ物を折っていても人それぞれ個性や気持ちが現れます。それを感じれることも、とても嬉しかったです。そして本当に素敵な作品(表現すると陳腐になってしまいますが)に出会えて良かったと思いました。

♥ 栃木県 Tさん

単純に“部活”の響きにわくわくして、即入部を決めました💓とにかく、全国の方とうっとりがみを通して知り合えて、つながっている感覚がただただ嬉しい❗情報の双方向性も楽しい🎵です😃

♥ 神奈川県 Mさん

初めは、みているだけで…。と思って入部。いつの間にか、投稿している自分がいて、また、そうなんだ🎶🎶と言う投稿もありました。素晴らしい作品にも出会い、今は、良かったと思います🙇

レベルは、違っても、透かしおりがみを愛する気持ちは、同じだと思います🍒これからも、皆さんに色々おそわりたいです。ケアレクさっちゃんは、ディサービスの参考になりました🍒
飾り方、色合い、のり等勉強になります。

一番は、zoomの交流会ですね。コロナ時代は、これだと…。楽しかったですね。

♥ 神奈川県 Mさん 2つめのご感想

「香代さん、みてるだけでも、良いですか?」
それが、私の参加する時の言葉でした🍒

うっとり紙に、出会って…。これなら、私も出来るかな?とも、思いました。🍒

正方形が、変身していくのが、好きなんですね🍒
それは、今もかわりませんが…。😉
動物になったり、花に、なったり…。食べ物に、なったり…。
その作品が、合唱のように、絵画のように変化していくのが、今は、なんとも、言えなくなりました🍒

私の、作品は、見た人が、これなら、私も、参加出来るという出来栄えが多いですが…(すべてかな)

研究部は、うっとりの玉手箱、おもちゃ箱、宝石箱かもしれませんね🍒
やってみようと思った時が、その時、気軽な気持ちで…。のぞいてみても…。🍒
ほっこり、楽しく、それが一番と、思います🍒

 

♥ 大阪府 りえさん

(Youtubeチャンネル: ケアレクさっちゃん「りえさんの透かし折り紙」をメルマガでご紹介しました)

早いもので透かし折り紙を初めて一年。身近にこの折り紙をしている人がいなくて、この楽しさを共有したい、もっと知りたいと思い入部。

北海道~関東、私と同じ関西人とも出会え、お互い切磋琢磨し会える仲間になって来ている感じで、一人黙々と折りながらも、見てもらえる場所があるのでワクワク。コメントにも励まされ、どんどはまっています。

♥ 神奈川県 ほったかおりさん
(うっとりがみブログによく登場してくださっています)

私もまわりに折り紙仲間が居なかったのですが、研究部に参加してみて「仲間がいるっていいなあ〜」とめっちゃ思いました✨ アイデアや道具や100均情報などなど、いい意味での刺激が多いし、部の皆さんはあったかいしで、入部前より「作りたい!作るぞ!」な意欲がすごい上がっております🔥

♥ 北海道 ダテ ミドリさん
(大人気作家@sywnyさん、うっとりがみの折り図、ブログにも出演)

SNSでも折り紙好きさんに出会えますがジャンルは様々。
透かし折り紙研究部ですと間違いなく透かし折り紙好きさんに出会えます!
初めましての出会いですがうっとりがみさん(香代さん&美奈子さんいつもありがとうございます😍)が繋いでくださっていますし、みなさんとてもお優しいので居心地が良いです😊

みなさんの投稿とzoomお茶会に癒されつつ創作意欲に刺激を頂いております💕

♥ 東京都 たなか ひろみさん

(ひかりとり紙きみどり、うすむらさきに折り図をご提供いただきました。ブログにも登場してもらっています)

思いつきのパーツを投稿し 、そこで部員の皆さんから様々な発見とアイディアを頂きながら
楽しいやり取りの中から生まれた「ロンド」(ひかりとり紙のうすむらさき色の作品)は折り図になりました。研究部に参加してなければ生まれなかったモチーフです。私の元から離れてもモチーフは勿論 メンバーの皆さんとの楽しいやり取りは大事な宝物です。

1人でマイペースに折るのも楽しいですが、研究部では違う方向からの色々なお話がとても刺激になり プラス楽しみが増えて行くように思います。これからものんびりと…マイペースに ときどき刺激を貰いながら、折り紙を楽しんでいきたいと思います。

♫♫♫♫♫

・・・いかがでしょうか? メンバーそれぞれ、ゆるく、のんびり、自分のペースで仲間とともに楽しんでいるのを感じてもらえるといいです。

メンバーの中には、アメリカにお住まいの日本人の方もいらっしゃいます。間もなくご帰国されますが、長年日本を離れていたので、帰国後知り合いがいないことをご心配されていました。

でも、うっとりがみでつながった仲間がいることでニコニコ安心帰国。しかもご近所さんまで発覚。とても喜んでいらっしゃいました。

うっとりがみでのつながりが、大きな心の安心、勇気を生み出してます(^^)v

・・・「で、研究部でどんなことをしているの? 」

透かし折り紙研究部で楽しんでいる7つのこと

研究部では、ざっくり次の7つのことをやっています。

1) 研究部限定のSNSで情報交換

うっとりがみ透かし折り紙研究部のメンバーだけが使っている安心の部室(SNS)で情報交換しています。作った作品をシェアしたり、オリジナルの折り方を披露したり、質問をしたり、使い方は自由。

ブログやメルマガに出ることがない折り方や、裏技、画像のとり方、道具などの使い方などなど、超絶マニアックな情報が満載です。

メンバー同士のコメントのやりとりで、新しいアイデアや気付きがあったり、次の課題が見つかったり、励まし合ったり、まさに・・・部活!

最近では、誰かの折り方をアレンジして、そこから新しい作品が生まれたり・・・

折り方と数学との絡みのプチ研究が始まったり(7枚、11枚、13枚などを分度器なしで貼り合わせできちゃうような作品が生まれたり)

メンバーのちょっとした思いつきが大きく大きく広がって、単なる情報交換ではない場になっています。

 

 

 

 

2) オンライン折り紙お茶会

月に1回程度、オンラインで集まって、おしゃべりしながら透かし折り紙大会です。いつも投稿でやりとりしている仲間たちと実際に顔を合わせて話してみると、ますます楽しくなってしまいます。

 

オンラインなので、リアル交流会で会えない人たちでも、全国どこでもつながれます。それに、お子さんづれでも気兼ねなく参加できちゃうのがいいですね。お子さんがワチャワチャしてしまっても、誰も気にしないので、気楽です(笑)

出入り自由ですし、急に家族の用事で参加できなくても、気にする必要なし。用意するのはお茶とおやつと透かし折り紙のみ!

直近は1月31日(日)14時〜15時半!
ご都合合えばぜひどうぞ。

3)うっとりがみの折り図作りや、美術館展示に参加

ひとりで折っているだけは体験できない、みんなで作り上げるプロジェクトにも参加することができます。

メルマガでもお知らせしていますが、うっとりがみの新しい折り図をメンバーみんなで作ったり、ある美術館の展示会に向けての準備をしたり。

ひとりだけではできなくても、研究部にいることで、新しいことにチャレンジできる場があるのです。

「何かに挑戦していたいけど、ひとりじゃできない・・・」

「毎日もっと、何かもっと楽しいことをして充実したい・・・」

と思っているなら、うっとりがみ透かし折り紙研究部はあなたにぴったりの場所です!

もちろん、自由参加なので、ギュラリーとして楽しむだけでもOKです。どうやって折り図ができていくのか、どうやって美術館展示を実現させていくのか。それはブログやメルマガでは分からないリアルな世界なのです。

 

4) うっとりがみのブログに投稿

研究部のメンバーは本当に個性豊か。研究部に参加しているうちに、透かし折り紙が大好き過ぎて、「この楽しさをもっと多くの人に伝えたい!」とメラメラ情熱が湧いてくるようです。

そこで、その情熱をアウトプットする場所として、うっとりがみのブログを使ってもらっています。

SNSで投稿している人も多いと思いますが、時間が立てば流れてしまいます。ところがブログにしておくと、多くの人にずっと見てもらえます。

とはいえ、ブログを自分で立ち上げて維持していくのは本当に大変。やってみたとしても、アクセス数が足りず、検索対象から外れてしまい、見てもらえません。

ところが、うっとりがみのブログはアクセスが多く、読者さんを始め、一般の方からマスコミの方まで見ています。

うっとりがみのブログを使えば、顔出しや名前出しは必要ないし、管理も責任も全部うっとりがみにあるので、とっても気楽です。

また「自分が書いたブログに自信が持てない」というのも、よくある話です。でも、そんな心配はいりません。本業ライターの私が中身をすべてチェックしてから投稿します。

余計なストレスは全部うっとりがみで引き受けているので、あなたは作品に集中して言いたいことを書けばOK。煩わしいことを心配する必要は一切ありません。

あなたはクリエーターさんとして、透かし折り紙にどっぷり集中してください!

5)ひかりとり紙の商品折り図や講師などにトライするチャンス

これはおまけのお話ですが・・・たとえば、外部からのご依頼を研究部のメンバーにお願いすることがあります。たとえば、昨年発売された、ひかりとり紙の新色に同封する折り図のご依頼をクラサワさんからいただきました。

それを私はメンバーの たなか ひろみさんにお願いしたのです。ひろみさん作家デビューです!

たなか ひろみさんは、いつも本当に楽しそうに作品を生み出されていて、出来上がる工程そのものがむちゃくちゃおもしろいんです。

作品が素晴らしいのは言うまでもありませんが、「ご本人がこんなに楽しんでいるのなら、折る人たちも喜ぶだろうな」と思えたので、お願いしました。

メンバーの個性に合わせて、たくさんのチャレンジができる場をこれからもご用意していきたいです!

6)Kayoと直接のやりとり、サポート

最近はうっとりがみへのお問い合わせ、メルマガから頂いた返信などはすべて事務局のminaさんにお願いしています。読者さんとのやりとりは私にとって大きな楽しみであったのですが、あるときから時間の限界がきてしまいました。

そこで、今は透かし折り紙研究部でメンバーとやりとりして楽しんでいます。投稿にはすべてコメントしますし、リクエストいただいたことは可能な範囲でお応えしています。

また、個別でいただいたご相談にも乗っています。気になること、迷ってしまったこと、落ち込んでしまったこと、勇気の出ないことなども気軽にお話いただいています。

「中村さんのメッセージを読んでいたら、梅雨でクテーっとしていた心身が「よっしゃ!明日から頑張るぞっ」と元気がぐんぐん出てきました😊 ありがとうございます。」

「香代さんとの出会いも、透かし折り紙だけではないな、そんな気がしたひとときでした✴️」

「承知いたしましたー!お言葉に甘えて思うようにさせていただいちゃいます😏✨」

などなどのお声をいただいています!

7)ニュースレターのお届け

研究部へ月に一回、ニュースレターをお届けしています。透かし折り紙に直接関係がなくても、毎日の暮らしにインスピレーションになりそうなことをお伝えしています。「明日もいいことありそうだ」と元気が出るといいなあと思いながら。

 

・・・以上、ざっくり7つ、研究部で楽しんでいることをお伝えしました。いかがでしょうか? まだまだ始まったばかりの研究部なので、お楽しみを少しずつ増やしていきたいと思っています。

読んでいただいてお気づきかと思いますが、オンラインコミュニティ「透かし折り紙研究部」は講座やワークショップというくくりを大きく超えた、つながりとチャレンジをもたらたしてくれる場所です。

みんなで楽しむ。

だからこそ、ひとりで折るとき、もっと楽しめる。

ひとりでできないことも、研究部だったら実現できちゃう。

いままでにないワクワクを楽しめるのが「うっとりがみ透かし折り紙研究部」なのです。

透かし折り紙研究部は安心安全の場所です

「いくら、うっとりがみの読者さん同士とはいえ、投稿は結構勇気がいる・・・」

という気持ちを最初はみんな持つようです。でも、大丈夫。うっとりがみ透かし折り紙研究部は安心安全の場所。

誰もイジワルを言う人はいませんし、批判されたり、バカにされるようなことは一切ありません。(というか、みんな本当に優しくて、おもしろすぎます。)

研究部のメンバーはみんな個性豊か。

アレンジの得意な人、色合わせがセンス抜群の人、行動が早くてイベントを開いちゃう人、オリジナルの折り方を考えるのが好きな人、道具の使い方がマニアックすぎる人、絶妙なコメントでみんなを笑わす人、ほっこりさせてくれる人などなど。

「自分はありきたりで特別なことができない」

「みんなと同じようにできないから自信がない」

そう思っている人はとても多いのですが・・・

どの人もみんな、その人にしかできない素敵なことが絶対にあるのです。透かし折り紙研究部では、それをメンバーみんなが見つけてくれます。

そのおかげで、励まされたり、元気がでることが多いようで、ますます個性爆発、別人のようになっていくのを私は目の当たりにしています。完成度やスキル、アイデアの炸裂がハンパないです!

ところで、投稿やコメントはほとんどしなくて、見ているだけというメンバーもいます。それでももちろん大歓迎!楽しみ方は人それぞれ、ゆるく自分のペースで参加してくださいね。

透かし折り紙研究部はこんな人にぴったりです

✔ 周りに透かし折り紙仲間がいない・・・

✔ あこがれの読者メンバーの仲間になりたい

✔ ワイワイするのが大好き!

✔ ひとりだと分からないことが多くて。教えてもらいたい・・・

✔ 毎日もうちょっとワクワクしたい!

✔ あまり自信がないけれど、でも何か自分の得意なものを持ってみたい

✔ コロナでエネルギーが有り余っていて、発散する場所がほしい

どれかひとつでも当てはまるなら、ぜひ30日間試してみて下さいね。

透かし折り紙研究部のお約束

透かし折り紙研究部では、心地よく風通しの良い場所にするために、次のことをお願いしております。どうぞよろしくおねがいします。

1)参加は本名で。気になる人はひらがな、カタカナ、ローマ字で。

2)イジワル、悪口などはしない。

3)研究部内でメンバーがシェアしてくれた折り方や画像を外へ勝手に持ち出さない。

透かし折り紙研究部の部室はパソコン・スマホアプリからアクセスOK! LINE・Facebook・Googleアカウントから簡単にログインができます

透かし折り紙研究部は「BAND(バンド)」というSNSに部室を作っています。アクセスできるのは透かし折り紙研究部員だけ。外から見られる心配はありません。FacebookやLINEのように勝手に友達とつながってしまうこともありません。

アクセスがとても簡単で、LINE、Facebook、Googleアカウントがあれば、すぐにログインできます。また、スマホアプリがありますので、新規投稿などの通知も確認でき、ストレスなく楽しむことができます。

BANDの使い勝手としては、LINEのようにトーク機能がついたFacebookという感じ。シンプルで直感的に使えます。

申し込みからお名前とメールアドレスを入力いただくと、部室へ直通の入り口がるので、アクセスしてくださいね!

透かし折り紙研究部の部費は?

透かし折り紙研究部の部費は毎月1000円です。コロナでなかなか思うように外出ができない世の中になってしまいましたが、研究部に参加すれば、大きなお楽しみを増やすことができますね。1日あたり33円で「うっとり」の世界をたくさんの仲間達と一緒に分かち合えるようになります。

とはいえ、研究部がどんなところか分からないまま入部するのはハードルが高いですよね。そこで・・・

初月、30日間 0円!

で、お試しいただけるようにしました。

翌月以降は毎月1000円のお支払いのお知らせがシステムから自動で届きます(30日後近くにご案内します)

お支払い方法はクレジットカードとコンビニ支払いです。おすすめはクレジットカード。勝手に引き落としで手続きがラクです。コンビニ支払いはコンビニで手数料(200円)、お支払い期限が3日であること、お支払い期限がすぎると、別途お手続きの連絡がうっとりがみから届くことをご了承下さいませ。

透かし折り紙研究部を30日間無料で仮入部する

いつでもやめられます

無料でお試しいただき、イマイチだったら、30日以内に退部でOKです。勝手に翌月から課金されることはありません。

また、入部後もいつでもやめられます(部費のお支払後は、その翌月からの退部受付となります)。

透かし折り紙研究部を30日間無料で仮入部する

3日間限定、定員10名ですので今すぐお申し込みください

透かし折り紙研究部の募集は今回3日間限定10名です。前回は30名で募集しましたが、今回は10名に変更。

なぜかというと、多くのメンバーが増えることは嬉しいですが、現メンバーも新しいメンバーも混乱なく落ち着いていただけるように準備をしたいからです。

ということで、ご興味があれば、ぜひ今回お申し込みくださいね。

透かし折り紙研究部を30日間無料で仮入部する

あなたのご参加お待ちしております!

うっとりがみ透かし折り紙研究部はコロナが原因で始めたのではありません。実は2017年にひかりとり紙を発売する少し前から、ずっとやりたいと思っていたのです。でも、ひかりとり紙の企画、広報、ご注文のお届け、折り図4冊の企画・・・などがずっと続き、オンラインコミュニティとして最適なツールを見つけることもできずにいました。

ようやく昨年2019年10月ごろにテスト運営を始め、2020年5月からスタートすることができたのです。

研究部を始めてみたものの、続けられるかどうかわからず、1年試しにやってみて、ダメならやめようと思っていました。実際、メンバーにもそう話していました。

でも。参加してくれているメンバーたちのおかげで、透かし折り紙研究部はとても居心地のよい、楽しい場所になりました。そして、研究部だからこそできる、新しい取り組み、チャレンジ、があることにも気が付きました。

今までも「うっとりがみはみんなで作るもの」と思ってやってきましたが、研究部もそうだなと、改めて実感。これから、オモシロいことをみんなで作っていけそうな気がしています。その場所にあなたも一緒にいてくれたら、とても嬉しいです。透かし折り紙研究部であなたにお会いできることを楽しみにしています。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

透かし折り紙研究部を30日間無料で試す